「ほっ」と。キャンペーン
ご訪問ありがとうございます。  マスターのブログです。  料理と子供と趣味と...  適当なこと書いてます。    by tyuuka-syubou      
<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ショックです
3年ちょっと使ってきたパソコンが壊れました。OSが起動しません。ハードディスクが壊れたようです。

前兆はありました。突然電源が切れたり、OSを終了出来なくなったり、ファイルを開くのに時間が掛かったりしてました。

普段から大事なファイルや写真などは、外付けのHDに保存していたので良かったのですが、メールアドレスや、インターネットのお気に入りは飛んでしまいました。
登録完了のメールや、クッキーや、ホームページビルダーに入っていたFTPパスワードなどがすべて無くなってしまったので、泣いています。

突然壊れるので、普段からこまめにバックアップをしましょう。

という事で
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-28 08:48 | 雑談 | Comments(0)
国府宮はだか祭り その2
国府宮はだか祭り
そんなパフォーマンスをしながら市街の中心地に入っていきます。国府宮神社は稲沢市の中心地にありますので、東西南北、各ブロックから鳥居を目指し歩いて来ます。
鳥居に近づくにつれ見物客が多くなってきて、こちらのほうも盛り上がってきます。写真を撮っている人、酒を振舞ってくれる人いろいろいますが、私たちの目には入りません。奉納する笹竹が約100本位あるらしく、鳥居周辺は順番待ちで渋滞します。そんな時行進をストップすると寒くてたまらないので、笹竹を上下に上げたり下げたりするパフォーマンスもしたりします。

そうこうしながら、鳥居をくぐると参道です。いわゆるメインストリートであります。見物人はひしめき合って、警察官や機動隊が警備しています。もう神社まではすぐそこです。“ワッショイワッショイ”の掛け声もさらに大きくなっていきます。今までやってきたパフォーマンスを、力を振り絞ってやります。十数キロを歩いて来たという事と、もう目の前にゴールが迫っているということを思うと、なんとも言えない感情が表れます。
その後、神社の門が見え、次に私たちの奉納の順番が来ると、笹竹を支えていたロープを笹竹に巻きつけ、肩に担ぎます。長さ十メートルも有る様な物をかなりの人数で担ぎ、一気に走りながら投げて奉納します。

実は、その瞬間の記憶が無いのです。門をくぐったのは覚えているのですが、奉納した後の記憶しかありません。あまりに一瞬のことだったのかもしれません。ふと気がつくと、門をくぐり抜けようとしていました。その間人と話しをしていたかもしれません。
なんとも言えない達成感と感動がこみ上げて来ました。


これで第1部は終わりましたが、メインイベントの第2部が待っています。私達の後に奉納するグループを参道で待ちます。その間、寒いこと寒いこと。全身の震えが止まりません。考えてみれば、最後に合流した地区から何も食べていません。酒もちょっと貰っただけなので、かなりの焦燥感が押し寄せてきます。
私達の後から奉納するチームを応援しながら、近くに居る機動隊のお兄ちゃんと世間話をしたりもしました。

やがて最後のチームが奉納し終わると、“桶隊”と呼ばれる桶を頭の上に掲げて走ってくるはだか男集団が現れます。それは第2部の始まりを表します。いよいよ神男の登場です。神男は長い参道から出てくるのですが、どの位置で登場するのか分かりません。
登場を待つ間、桶隊たちは参道入り口付近から容赦なく水を掛け出します。4時位でしょうか。私は参道の中間くらいに居たのですが、夕日に照らされて輝く水しぶきはとても綺麗だなぁ…なんて考えながら見ていましたが、段々近づいて来ます。後は覚悟するしか有りません。

最初は水しぶきだけでした。めちゃくちゃ冷たいです。でも二回目を思いっきりかぶってしまうと吹っ切れます。自分の方から水のほうに自然に足が向いていってしまうのです。“来るなら来い”と言うような変な闘争心のような感情が湧き上がってきます。

3回位水を被ってから、突然集団が動き出しました。登場したようです。妙に冷静な私は、ちょっと様子を伺っていました。それがダメでした。見る見るうちに集団はふくれ上がって行きます。
機を逃したと悟った私は、思いっきり群衆の中に飛び込んで行きました。前後左右から押したり引いたり計り知れない力が私に掛かります。肌と肌が触れ合った所は、ものすごい力で引きちぎれそうです。他の人のサラシが私の肌に触れている所もそうです。足も踏まれるし、後ろからどつかれるし、これこそ踏んだり蹴ったりです。

2,3分した頃でしょうか、押したり引いたりしている内に、いきなり強い津波のような力が押し寄せて来ました。私が押す方向とは逆に、真正面からです。すると前に居た人が転んで、まるで津波に飲み込まれるように群集の下敷きになっていきます。助けようにも私一人の力ではどうしようもありませんし、私がそうなったらどうしようといった恐怖感が一気に脳裏をよぎりました。幸いそれに気づいた人が居て、一緒に引きずり出しました。逆の方向に行くのは楽でした。二年前に死亡事故が起きている事は知っていたので、ふと緊張の糸が切れてしまいました。


こうして私のはだか祭りは終わりました。神社から、地区が用意してくれたバスに戻る間、気合の抜けた体に寒さと疲れが一気に押し寄せてきます。“ワッショイ”を何回行ったでしょうか。のどもガラガラです。

でもこうして振り返りながらキーボードを叩いていると、厄が終わるまで毎年出ようという気になります。

竹笹の写真
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-25 12:49 | 雑談 | Comments(0)
AGFカテキン茶
c0050163_12143985.jpg近くのスーパーでこんなの見つけました。598円でした。
いわゆるインスタント緑茶であります。この手の溶かすだけの緑茶は伊藤園などからも出ていますが、思わずパッケージがかっこよかったので買ってしまいました。
飲んでみたら結構苦いです。

そこで思いついたのが、ゼリーです。今までウーロン茶や杏露酒のゼリーは作ったことがありますが、緑茶のゼリーは作ったことがありません。

果たして商品化なるか?
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-24 12:24 | 料理について | Comments(0)
春一番
c0050163_15521010.jpg
今日はポカポカ陽気だったので、昨日の続きを書いていたのだがやめて、次男を連れ出した。
フィルムを2本現像に出し、仕上がるまでの間、近くの公園に行くことにした。

陽気に誘われてか、公園にはたくさん人がいた。でも奥さん連中の中に入れないシャイな私は、次男と二人きりで遊んでいた。変なオヤジと思われただろうか?

自営なので気楽そうに見えるかもしれませんが、風呂は月に2回位しか一緒に入れません。
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-23 16:06 | 子育てについて | Comments(0)
国府宮はだか祭り
まぁ、とにかく凄いお祭りです。新聞によりますと、最高気温5.6度、はだか男9000人、参道や境内に13万5千人の人出だったそうです。厄落としのお祭りですが、よくよく考えてみたら、私は前厄ではなく、前々厄でした。(一応まだ三十代)
テレビで見たことは有りますが、今回初参加と言うことで、最初はチンプンカンプンでした。ひと通りやってみて理解出来ました。


簡単に言いますと、稲沢市やその周辺地区を幾つかのブロックに分けます。そのブロックが、一つのチームとなります。そのチームもさらに地区分けします。まずその地区ごとに集合して、長い笹竹に、家内安全など祈願を書いた布をくくりつけ、それを裸で持って国府宮神社に奉納しに行きます。遠い地区から出発し、次の地区に到着したら笹竹を合わせて束ねます。だんだん合体して、最後にはかなりの人数のチームになります。各チームが奉納し終わると、第一部が終了します。
第二部は、もみ合いです。神男(しんおとこ)と呼ばれる人を触ると厄が落ちると言われ、神男を触りに行きます。かなりの人数のはだか男たちが、一人の神男を触りに行くので、“おしくらまんじゅう”状態になります。肌と肌が触れ合うのでかなり危険です。そこで、手桶集団と呼ばれる人たちが上から水を掛けます。そして、はだか男たちに触られた神男が、儺追殿に納まった後お祭りは終了します。


大体こんな感じですが、私の参加した地区はかなり遠く、チームの一番遠い所でした。国府宮神社から10キロ以上あります。今回私たちのチームが、NHKの空撮による生中継の取材を受けました。
朝早く地区の公民館に集合し、受付をして、弁当を食べます。受付の前から枡酒を振舞ってもらいます。その後申し込みをした所(宿と呼んでいる)に行き、体を清める為にお風呂に入ります。それからサラシを巻いてもらい、足袋を二重に履いて、ブロック地区名の入ったはちまきをして準備終了です。サラシなど今まで巻いたことなど無く、初体験でした。かなりきつく巻かないと後で緩くなってしまうので、腹を引っ込めてキュウキュウに巻きます。

さて、出発です。いざ出陣といったような心境です。酒を飲んで気合を入れます。
笹竹を持ちながら、皆で、「ワッショイ、ワッショイ」と声を上げながら、練り歩きます。出発してまず、地区の氏神たちにお参りをし、次の地区に向かいます。この時点で、30人位でしょうか。
我がはだか男たちは、この日だけは優先になります。信号も関係ありません。一応左側を通行するのですが、盛り上がると、道路の中心を歩いたりもします。

次の地区に到着すると、そこで笹竹をまとめます。束ねている間休憩になるのですが、その間酒を飲み、用意してもらったものを食べます。歩いている間、紙パックに入った酒も飲めるのですが、すぐに無くなります。休憩している間に、また酒を詰めて次の地区に向けて出発します。
そうやってだんだん神社に近づいて行くのですが、最後の地区に到着するまで3ヵ所くらい合流したので、笹竹はかなりの太さになります。そして、最後の地区で笹竹をまとめた後に、赤と白の布で巻きます。それに何ヶ所もロープをつけて持って行きます。

歩いている途中で、ひとつ面白い事があります。県道などの大きい交差点に差し掛かると、交通を遮断してパフォーマンスをします。
それは、笹竹を交差点で4~5回グルグル回し、中心で笹竹を立てます。そして、ブロック地区名を何回も叫びます。笹竹の長さは、立てると信号機より高くなりますので、それはもう迫力があります。周りの観衆は拍手喝采でした。

More
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-22 16:07 | 雑談 | Comments(0)
いよいよです
はだか祭り、行ってきます。
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-21 06:58 | 雑談 | Comments(2)
デジカメぶら下げて
c0050163_14511090.jpg

買出しに行く前に近くの河原に行った。コンデジは、バイクにまたがったまま、フルフェイスのヘルメットをかぶったままでも撮影出来る。お手軽である。
最近写真を撮りたくて仕方ない。ブログを始めて、心境が変わったようだ。
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-20 14:59 | カメラについて | Comments(0)
待ってました
c0050163_9465323.jpg

待っていたカメラが発表されました。気になる方は、キヤノンのホームページをご覧ください。
フィルムの一眼レフカメラは、20年以上ニコンを使っていますが、コンデジは、なぜかキヤノンを買ってしまいました。何の下調べもせず、2年前に買ってしまったのですが、デジカメにはまってしまいました。もうすぐ1万ショットになります。
そうなると、一眼デジが欲しくなってきます。いろいろなサイトを見て検討しましたが、どこか欠点があり、買うのを躊躇していました。せっかくニコンのレンズを5本も持っているのだから、ニコンを買えば使い回し出来るのではないか、と思いましたが、デジタルの世界では、どうもキヤノンの方が一歩リードしている様に思います。
EOS KissデジタルNは、思っていた通りのスッペクであります。価格と発売後の評判などを見ながら検討したいと思います。

しかし、この KISS の字を見ると、ロックバンドに見えてしまうのは私だけだろうか?
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-19 10:24 | カメラについて | Comments(8)
オススメのCD
c0050163_15301649.jpgc0050163_15302838.jpgライフログに挙げたのですが、ジャケット写真が有りませんでした。GOOD DAYS と言うタイトルで、中身はオールディーズです。
タワーレコードのコメントをコピペすると、

左:50~60年代、珠玉のオールディーズ・ポップスのオンパレード・コンピレーション!エルヴィスのオリジナル楽曲がコンピに収録されるのは初めてというサプライズ付き!

右:ロックンロールの火付け役となったビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」のリリースから2005年で50年。その記念すべき50周年の企画第1弾として、ユニバーサルとBMGがタッグを組んでお届けする“誰もが知っているあのポップ・ミュージック”=グッデイズの決定盤!「ロック・アラウンド・ザ・クロック」をはじめ、ビートルズやローリング・ストーンズのメンバーにとっての神様チャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」「ロックンロール・ミュージック」、伝説のメロディメイカー:バディ・ホリーの「ペギー・スー」、そしエルヴィス・プレスリー、ストレイ・キャッツなども盛り込んだ、これぞ決定盤という超強力内容!

と言う感じです。


収録曲も良いものばかりで、かなりのオススメです。しかも、実に高音質です。出力のレベルも高く、クリアーです。聞けば分かります。
映画を好きな人もそうでない人も、ヤンキーだった人もそうでない人も、ツイストを踊れる人もそうでない人も、ゴーストのあのシーンを見て泣いた人もそうでない人も、グローイング アップをドキドキしながら見た人もそうでない人も、ぜひ聞いてみてください。
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-18 16:04 | 音楽について | Comments(0)
シンビジューム咲いたぜ
c0050163_10365148.jpg
昨日開きかけていたシンビジュームが、今朝起きて見たら、一斉に開き始めていました。年に一度の喜びの日です。およそ1ヵ月は咲いていてくれるでしょう。
植物は、根をいじると弱ってしまいます。成長するより根を張ろうとするからです。
でもこのシンビジュームは、今年植え替えが必要なようです。あと半月したら花を全部切って株を休ませ、新芽が出る前に植え替えてやろうと思います。
来年も咲いてくれよ。

一方胡蝶蘭は...
[PR]
by tyuuka-syubou | 2005-02-17 11:03 | 園芸について | Comments(5)