ご訪問ありがとうございます。  マスターのブログです。  料理と子供と趣味と...  適当なこと書いてます。    by tyuuka-syubou      
シングルモルト


c0050163_18252115.jpg











先日一通の喪中はがきが届いた


友人の奥さんからである

そこではじめて友の死を知った

亡くなって半年経っている



彼とは18年前に同じ厨房に立った仲間である

その後お互い違う店で働くようになった

同じ名古屋なので、仕事が終わってからたまに酒を飲み交わした



やがて彼は郷里に帰り、独立した

私もその数年後独立した



当店の開店祝いに貰ったのがこのウィスキー

GLENLIVET 12年


なぜか空瓶は残してあった



彼のご冥福をお祈りいたします
[PR]
by tyuuka-syubou | 2006-11-13 18:27 | 雑談 | Comments(2)
Commented by n-sakanaya at 2006-11-13 20:06
こんばんは。

切ないですよね.......。
私も20代の頃、友人を亡くしました。
電話で知らされ、まさかと思ったのですが、本当の事と。
その何日か前まで話をしていたのに、突然の別れ......。
事故でしたが、もし連絡していたら、会う約束をしていたら、未来は変わったのかと思い悩んだ事がありました。

私事で申し訳ありませんでした。

御友人様のご冥福をお祈り致します。


PS    ウイスキーの瓶......tyuuka-syubouさん、空瓶を残していたのですね。
御友人様との思い出が詰まった、大切な一品なのですね。
Commented by tyuuka-syubou at 2006-11-14 02:06
>n-sakanayaさん
こんばんは。

n-sakanayaさんもご友人を亡くしていましたか。
悲しいですよね。

まさかこの歳で亡くなるとは思ってもいませんでした。
病気なのか事故なのかは、奥様に聞きにくいです。
せめてお参りだけでもと思うのですが、連絡が取り辛くて。

空瓶は、目隠しのために店に飾ってあるうちの一本です。

n-sakanayaさん、ありがとうございます。
<< 赤い服 緑茶割り >>