ご訪問ありがとうございます。  マスターのブログです。  料理と子供と趣味と...  適当なこと書いてます。    by tyuuka-syubou      
鶏とカシューナッツの炒め


c0050163_11453140.jpgおかずを撮ろうと思うとゆっくり撮れます。
写真が多いので、記事にする時に時間がかかります。

材料はこんな感じ。
本来はもっとシンプルな料理ですが、おかずなので具だくさんです。

中国名は、腰果鶏丁。
腰果はカシューナッツ、丁は切り方で、さいの目切りの意味です。







c0050163_11531196.jpg鶏肉は酒、塩、胡椒、玉子、カタクリ、油で下味を入れます。


c0050163_11545983.jpg火の通りにくい物から油通しします。
最初はジャガイモ。


c0050163_11554727.jpg次に鶏肉を入れます。
油の温度が下がるので要注意です。


c0050163_11564665.jpg最後にナスと竹の子。


c0050163_11584114.jpgピーマンは油をあけた時の熱で火を通します。


c0050163_120205.jpg油をあけます。


c0050163_1204956.jpgしいたけ、ネギ、生姜を炒めます。


c0050163_1214080.jpg材料をすべて入れて、酒、スープ、砂糖、醤油、胡椒で味付け。


c0050163_123340.jpg味が決まったら、カタクリを入れ、ごま油をたらします。
一番最後にカシューナッツを入れて絡めます。


c0050163_124931.jpg完成!!

意外にも次男がバクバクでした。
長女は好き嫌いが多いので困ったもんです。

炒め物は大体こんな感じの流れで作ります。

似たような材料で、味付けの違う料理があります。
官(宮)保鶏丁とか公保鶏丁と書きます。
機会があった時にまた・・・
[PR]
by tyuuka-syubou | 2006-05-18 12:07 | 料理について
<< こしあぶら ホタテのレタス包み >>